2018/05/22

うつ病は怠けではありません

「うつ病は怠け者や根性が無い人がなる」という誤解もあるようですが
そうではありません。

真面目な方や、むしろ頑張り屋さんのほうがうつ病になりやすいのです。



レジリエンスということばをご存知でしょうか?

以前お話した適応力のことです。


直訳すると、復元力・回復力という意味ですが

「困難な状況でもしなやかに生き延びる力」
「折れない心」
などと表現されます。



例えば
真っ直ぐで硬い棒は強い力を加えるとポキリと折れてしまいますが
弾力がありしなる棒は曲がるけれど、離すと元に戻ります。


このように、ひたすら耐えることを良しとするのではなく
多少ダメージがあっても、そこから立ち直ろうとする力を養うことが大事
ということです。



真面目さん・頑張り屋さんの心は前者の状態。

頑張りすぎず、何ごとも適当に(これが難しいんですけどね 汗)
レジリエンスを鍛えましょう。




🌟お問い合わせはコチラから。

🌟お得な情報満載のメルマガ登録はコチラから。
ただ今、メルマガ読者さま限定無料メール相談実施中です。

2018/05/21

現在の心肺蘇生法ガイドライン

以前お話したとおり
心肺蘇生法のガイドラインは定期的に改正されます。


現在のガイドラインのポイントは以下の通りです。

  • 正常な呼吸をしていない場合は、すぐに心臓マッサージを始める
昔は、脈の確認⇒心臓マッサージでしたが
より早く実施できるように、この点が省略されました。

一見、呼吸しているようでも、胸が上下に動いていなかったり
しゃくりあげるような不規則な呼吸は「正常な呼吸」ではありません。

  • 人工呼吸ができる場合は人工呼吸を行う 
直接口をつけて行う人工呼吸は感染のリスクがあるため
最近は、専用の道具がない・抵抗がある場合は
心臓マッサージのみでOKとされています。

  • 人工呼吸と心臓マッサージの比率は2:30 
昔は、年齢によってこの比率が違っていたのですが
混乱を避けるため、統一されました。




何もしないよりは、とにかく実施することが重要です。

極端な例ですが、心臓マッサージによって胸を骨折しても
命が助かるほうが大切だと指導されるほどです。
(生きていれば骨折は治ります)


もちろん、正しく実施することがベストなので
もしもの時に備え、講習を受けましょう。




🌟お問い合わせはコチラから。

🌟お得な情報満載のメルマガ登録はコチラから。
ただ今、メルマガ読者さま限定無料メール相談実施中です。

2018/05/20

「自然」がいいとは限りません

「自然」「ナチュラル」というと
「からだに良い・優しい」「安心」「安全」というイメージがありませんか?


実は、そうとは限りません。


例えば、蜂蜜。

蜂蜜は自然のものですが
1歳未満の赤ちゃんに与えていけないのはご存知のはず。



感染症も、実際に罹るより予防接種のほうが断然安全です。



イメージにとらわれすぎず、情報を鵜呑みにせず
正しく理解・判断できるようになりましょう。



🌟お問い合わせはコチラから。

🌟お得な情報満載のメルマガ登録はコチラから。
ただ今、メルマガ読者さま限定無料メール相談実施中です。

2018/05/17

SA州でも子どものインフルエンザ予防接種が無料になりました

以前、子どものインフルエンザ予防接種について書きましたが
SA州のみなさんに朗報です。

5月中旬から
SA州でも子どものインフルエンザが無料になりました。

詳しくはGPへお問い合わせください。




🌟お問い合わせはコチラから。

🌟お得な情報満載のメルマガ登録はコチラから。
ただ今、メルマガ読者さま限定無料メール相談実施中です。

2018/05/08

有害事象と副反応

「有害事象」とは予防接種後に起こる、望ましくない反応の総称ですが
その事象とワクチンの因果関係の有無は問いません。

「副反応」はワクチン本来の目的ではない反応のことで
例えば、注射部位の赤みや腫れなどが含まれます。

副反応のほとんどは治療は必要ありません。



ただし、定義上は「副反応=ワクチンが原因」ですが
現実にはハッキリと区別することは難しく
実際は副反応にもワクチンとは関係ないものが含まれています。


つまり、有害事象・副反応として報告されているもの全てが
ワクチンが原因とは限らないのです。


ネットなどで有害事象・副反応の件数を見かけ
心配になる方も居られるかもしれませんが
それらが全て、ワクチンによるわけではないことにご注意ください。


ちなみに、英語(オーストラリア)では
有害事象=Adverse Events (following Immunisation)
副反応=Side Effects
と言いますが、日本同様、偶発的なものも含まれています。




🌟お問い合わせはコチラから。

🌟お得な情報満載のメルマガ登録はコチラから。
ただ今、メルマガ読者さま限定無料メール相談実施中です。

2018/05/07

生ワクチンについて

生ワクチンは病原体の毒性を弱めたものです。


生ワクチンは不活化ワクチンと違って
感染する力を完全に失わせたものではないので
まれにその感染症の症状が軽く出ることがあります。

と言っても、通常は熱が出たりする程度で
自然感染した時ほど重症化することはありません。


生ワクチンは以下のものが該当します。
  • ロタ
  • BCG
  • 麻疹
  • 風疹
  • 水ぼうそう
  • おたふく など

※日本とオーストラリアでは実施されている予防接種が一部異なります


予防接種についてのご不安がありましたらご相談ください。



🌟お問い合わせはコチラから。

🌟お得な情報満載のメルマガ登録はコチラから。
ただ今、メルマガ読者さま限定無料メール相談実施中です。

2018/05/05

不活化ワクチンについて

インフルエンザ予防接種の誤解という記事にも書きましたが
不活化ワクチンは病原体の感染する力を完全に失わせたものなので
不活化ワクチンが原因で感染症になることは100%ありません

予防接種について不安に思われている方は
この点を誤解されていることが多いようです。


不活化ワクチンは妊婦さん・授乳中の方でも接種可能です。


不活化ワクチンは以下の予防接種が該当します。
  • インフルエンザ
  • ヒブ
  • B型肝炎
  • 日本脳炎
  • HPV(子宮がん)
  • 髄膜炎
  • ジフテリア
  • 破傷風
  • 百日咳
  • 不活化ポリオ など
※国によって違うものもあります


予防接種についてご不安なことがありましたらご相談ください。



🌟お問い合わせはコチラから。

🌟お得な情報満載のメルマガ登録はコチラから。
ただ今、メルマガ読者さま限定無料メール相談実施中です。