2020/03/23

新型コロナウイルス対策とメンタルヘルス

オーストラリアは国境・州境閉鎖など大変なことになっていますね。

ストレス・不安を感じている方も多いのではないでしょうか?


でも、私たちがやるべきことは変わりません。
  • 咳エチケット
  • 手洗い
  • 該当する人は自己隔離
  • 不要な外出は控える

危機感を持つことは大切ですが過剰に恐れる必要はありません。

予防の基本を守りつつ、リラックスを心がけましょう。



また、小さいお子さんは状況を完全には理解していないかもしれませんが
いつもと違う周りの様子を感じ取り、ストレスを感じているかもしれません。

お子さまのメンタルケアも大切です。



この機会に、読みかけの本を読み終えることを目標にしたり
普段やらない・できないことを見つけてみてはいかがでしょうか?





 🌟お問い合わせはコチラから。

2020/02/02

新型コロナウイルスへの対策について

まだ明らかになっていないことも多いですが、
様々なデマが流れているため、正しい情報をまとめました。


オーストラリアでは2020年2月から、中国本土からの入国制限が始まりました。
(※オーストラリア国籍&永住権保持者等は除く)

これは中国本土発のフライトだけでなく経由フライトも含みます。



今のところ、予防&治療薬が無いため、怖いと思われている方も多いかもしれませんが
実は、感染力・致死率は高くありません。

もちろん、今後、ウイルスの突然変異の可能性はありますが、
たとえ大きな突然変異が起こっても基本的な性質が変わることはありません。


そのため、新型コロナウイルスにはアルコール消毒が有効で、
日常生活レベルでは通常の風邪と同じ対応になります。
  • 適切な手洗い
  • 咳エチケット


ちなみに、マスクは感染者が使うことで感染が広がるのを防ぐことはできますが
感染していない方の感染予防としてはあまり効果は認められていません。

屋内の混み合った場所・換気が不十分な所では一定の効果があるかもしれませんが、
咳や熱などの症状がある人には近づかない・人ごみの多い場所を避けることのほうが
大切です。

マスクを使う場合は、特別なマスクでなく普通のマスクで十分ですが
正しく着用しないと効果が期待できません。



うがいも特別に推奨はされておらず、
「○○でうがいをすると予防できる」という類の情報はデマですので気を付けてください。



感染を疑った場合は、いきなり医療機関を受診するのではなく
事前に医療機関へ連絡をし、指示を仰いでください。



 🌟お問い合わせはコチラから。

2019/10/05

赤ちゃんの便秘と対処法

母乳のみの赤ちゃんは普通は便秘になることはありませんが、
ミルク(フォーミュラ)を与えている赤ちゃんは便秘になることがあります。

また、離乳食が始まると便秘になる赤ちゃんも少なくないです。


赤ちゃんの排便リズムは個人差が大きいので、
便秘かどうかは回数よりもウンチの固さなどを重視して判断します。

毎日出なくても、それがいつも通りであれば便秘ではありません。

また、赤ちゃんは顔を真っ赤にしていきむことがありますが通常は問題ありません。


便秘のサイン
  • いつもより極端に回数が減った
  • ウンチをする時に赤ちゃんがとても辛そう・激しく泣く
  • ウンチが固い
  • 血が出る
  • 機嫌が悪い
  • 食欲が減った
  • お腹が張っている
  • 眠りが浅い など


基本的な対策は大人と同じです。
  • 食物繊維・水分を十分に与える
  • 運動
  • お腹のマッサージ

離乳食が始まった赤ちゃんには野菜・果物を意識して与えましょう。
特に柑橘類・プルーンが効果的です。


まだ自分で動けない赤ちゃんは運動を手伝ってあげてください。
うつぶせで遊ばせるのも一つの方法です(その間は目を離さないでください)。

運動・マッサージのやり方はネットで検索すると出てくると思いますが
分からない方・不安な方はご相談ください。


フォーミュラで便秘になってしまった場合は、
フォーミュラのメーカーを変えると改善することがあります。


食生活を見直しても便秘が改善しない場合はお薬に頼ってみましょう。

正しく使えば問題はありません。

ただし、お薬を初めて使う時は必ず医師にご相談ください。


また何らかの病気が隠れていて便秘になっているケースもありますので
便秘が長引く場合や繰り返す時は受診してください。



 🌟ご相談・お問い合わせはコチラから。

2019/06/24

妊婦さんは特に予防接種を受けましょう

妊婦さんは感染症に罹りやすくなり、
また罹ると重症化することがあります。

妊娠中に感染するとお腹の赤ちゃんに影響するかもしれません。


妊娠中は受けられない予防接種もありますが
百日咳とインフルエンザの予防接種はぜひ接種しましょう。

この二つは妊娠中でも安全です。

詳しくはこちらをお読みください。


インフルエンザのピークは冬ですが
妊婦さんは年間を通して予防接種が推奨されています。


妊娠中に予防接種すると、お腹の赤ちゃんも抗体を持つことができ
生まれてからの感染症予防にも効果があります。


ご不安・ご不明な点がありましたらご連絡ください。



 🌟お問い合わせはコチラから。

2019/05/30

歯ぐずり(Teething)について

歯が生えはじめる頃に赤ちゃんが酷くぐずることがあります。

これは、歯が生えることで不快感や痛みを感じているからと言われています。


厳密にはTeethingは議論が分かれるところですが、海外では広く認知されています。


何をしても機嫌が直らない、眠りが浅い、など
歯が生える時期はお世話が大変かもしれません。


一般的には、固いものを噛むことで不快感が和らぐので、
歯固めのおもちゃ(冷やすとより効果的)やTeethingラスクを使ってみましょう。

弾力のあるもの・柔らかいものを好む赤ちゃんもいるので
おしゃぶりや月齢相応のぬいぐるみなどを与えてもいいかもしれません。


残念ながら、「これで絶対治る!」というものはないので
口に入れても安全なものを探して、いろいろ試してください。


 
ネットなどで出回っている対処法の中には、効果が疑わしいもの、危険なものもあるので
むやみに飛びつかないようにしましょう。

例えば、歯ぐきに塗る「薬」は過剰摂取の危険がありますし、
アンバーネックレスは窒息事故例がありますので、絶対に与えないでください。
(※アンバーが利くと言われていますが医学的根拠はありません)


見ていて辛いかもしれませんが、避けられないことなので
できるだけの対処はした上で、「諦め」も肝心です。

ずっと続くわけではないので、親子で上手に気分転換をして乗り切りましょう。


【ご注意】
※赤ちゃんが不機嫌な場合、他の健康上の原因も考えられますので、ご心配な場合は医師にご相談ください。
※ラスクはアレルギーにご注意ください。
※赤ちゃんの口に入る物は衛生状態や誤飲しないようご留意ください。
※歯固めは事前に破損などはないかご確認の上、目の届く範囲でご使用ください。



 🌟お問い合わせはコチラから。

2019/04/10

子育て相談はどんなことを相談できるの?

【こんなお悩みはありませんか?】

☆赤ちゃんのケアの仕方が分からない
☆子育てがつらい・イライラする
☆産後うつ・育児ノイローゼかも?
☆我が子がかわいいと思えない
☆お子さんの発達・ことばについて心配がある
☆首が坐っているか心配
☆寝返りしない
☆いつ歩けるようになるの?
☆発達を促す関わり方を知りたい
☆ネントレで困っている
☆トイレットトレーニングが上手く行かない
 
☆癇癪・赤ちゃん返りで困っている 
☆予防接種について知りたい
☆子どもの救急対応について知りたい 
☆ママ友がほしい 
☆海外在住だけど日本語で相談したい
☆バイリンガル・マルチリンガル子育てについて 
☆海外子育てのアドバイスがほしい
☆子連れ移住のアドバイスがほしい 

などなど...

オーストラリア流ポジティブ子育てアドバイスで
自信をつけ、親子・家族をHappyに!




 🌟お問い合わせはコチラから。

2019/02/27

離乳食は手作りに限る?

市販のベビーフードを与えることに罪悪感を持っていませんか?


手作りは市販品より優れている?

いえいえ、そうとは限りません。


市販品は衛生的にも優れているし、バラエティに富んでいるし、
栄養バランスだって、手作り同様に考えられています。


ママさんがそうしたいと思うなら構いませんが
手作りが苦になるようなら、無理に作る必要はありません。

節約できた時間を
一緒に遊ぶ時間やママさんの休憩時間に有効活用してもいいですね。


むしろ、市販品は形状・柔らかさなど参考になるので
離乳食開始時や次の段階に進む時にお勧めです。




 🌟お問い合わせはコチラから。