2019/05/30

歯ぐずり(Teething)について

歯が生えはじめる頃に赤ちゃんが酷くぐずることがあります。

これは、歯が生えることで不快感や痛みを感じているからと言われています。


厳密にはTeethingは議論が分かれるところですが、海外では広く認知されています。


何をしても機嫌が直らない、眠りが浅い、など
歯が生える時期はお世話が大変かもしれません。


一般的には、固いものを噛むことで不快感が和らぐので、
歯固めのおもちゃ(冷やすとより効果的)やTeethingラスクを使ってみましょう。

弾力のあるもの・柔らかいものを好む赤ちゃんもいるので
おしゃぶりや月齢相応のぬいぐるみなどを与えてもいいかもしれません。


残念ながら、「これで絶対治る!」というものはないので
口に入れても安全なものを探して、いろいろ試してください。


 
ネットなどで出回っている対処法の中には、効果が疑わしいもの、危険なものもあるので
むやみに飛びつかないようにしましょう。

例えば、歯ぐきに塗る「薬」は過剰摂取の危険がありますし、
アンバーネックレスは窒息事故例がありますので、絶対に与えないでください。
(※アンバーが利くと言われていますが医学的根拠はありません)


見ていて辛いかもしれませんが、避けられないことなので
できるだけの対処はした上で、「諦め」も肝心です。

ずっと続くわけではないので、親子で上手に気分転換をして乗り切りましょう。


【ご注意】
※赤ちゃんが不機嫌な場合、他の健康上の原因も考えられますので、ご心配な場合は医師にご相談ください。
※ラスクはアレルギーにご注意ください。
※赤ちゃんの口に入る物は衛生状態や誤飲しないようご留意ください。
※歯固めは事前に破損などはないかご確認の上、目の届く範囲でご使用ください。


 🌟お問い合わせはコチラから。

🌟お得な情報満載のメルマガ登録はコチラから。

2019/04/10

子育て相談はどんなことを相談できるの?

【こんなお悩みはありませんか?】

☆赤ちゃんのケアの仕方が分からない
☆子育てがつらい・イライラする
☆産後うつ・育児ノイローゼかも?
☆我が子がかわいいと思えない
☆お子さんの発達・ことばについて心配がある
☆首が坐っているか心配
☆寝返りしない
☆いつ歩けるようになるの?
☆発達を促す関わり方を知りたい
☆ネントレで困っている
☆トイレットトレーニングが上手く行かない
 
☆癇癪・赤ちゃん返りで困っている 
☆予防接種について知りたい
☆子どもの救急対応について知りたい 
☆ママ友がほしい 
☆海外在住だけど日本語で相談したい
☆バイリンガル・マルチリンガル子育てについて 
☆海外子育てのアドバイスがほしい
☆子連れ移住のアドバイスがほしい 

などなど...

オーストラリア流ポジティブ子育てアドバイスで
自信をつけ、親子・家族をHappyに!



🌟お問い合わせはコチラから。

🌟お得な情報満載のメルマガ登録はコチラから。

2019/04/09

子育てサポート定額プラン


【料金】
$150/月

【サービス内容】
回数無制限のメ-ルによるご相談・アドバイス
オンライン子育てサロン
 
プラス
数か月まとめてお申し込みの方は、月齢にあわせた子育て情報が届きます。


相談しているうちに「あれもこれも相談したい」となることはありませんか?
そんな時に、複数のトピックを同時に相談できるので便利です。

困ったことがあってから相談先を探すのは大変ですので
もしもの時のために、あらかじめ月単位で契約しておくのも賢い方法です。

特に、親になって最初の1年はいろいろ不安・お悩みが出てくるかと思います。
継続的なサポートが可能なこちらのプランをぜひご利用ください。


【ご注意】
緊急医療サービスではありません(緊急の場合は救急病院を受診してください)


オーストラリアはもちろん、日本・世界中どこからでもご利用いただけます。

🌟お問い合わせ・お申し込みはこちらから。

🌟メルマガ登録 


2019/02/27

離乳食は手作りに限る?

市販のベビーフードを与えることに罪悪感を持っていませんか?


手作りは市販品より優れている?

いえいえ、そうとは限りません。


市販品は衛生的にも優れているし、バラエティに富んでいるし、
栄養バランスだって、手作り同様に考えられています。


ママさんがそうしたいと思うなら構いませんが
手作りが苦になるようなら、無理に作る必要はありません。

節約できた時間を
一緒に遊ぶ時間やママさんの休憩時間に有効活用してもいいですね。


むしろ、市販品は形状・柔らかさなど参考になるので
離乳食開始時や次の段階に進む時にお勧めです。



🌟お問い合わせはコチラから。

2019/02/26

三歳児神話はデマ(愛情は量より質)

「三歳児神話」ということばを聞いたことがあるかもしれません。

「3歳になるまでは母親が育てるべき」という考え方です。


しかも、「そうしないと子どもに悪影響がある」という『脅し』付き(苦笑)


ですが、 これには根拠はありません。


ご家庭の事情で預ける必要があるケースもあると思いますが
罪悪感を持つ必要はありません。

むしろ、いろんな方が子育てに関わることでメリットがあります。


また、預けるのに「止むを得ない理由」も不要です。

ダラダラ一緒に過ごしてストレスになるくらいだったら
リフレッシュしてまたお子さんに向き合ったほうがお互いのため。


もちろん、ママさんが「預けずに自分で育てたい!」とご希望されるなら
それはそれでOK

でも、周りが強制することではありません。


愛情は量(時間)より質。

限られた時間でもお子さんとしっかり向き合える時間があれば問題ありません。



🌟お問い合わせはコチラから。

2019/02/25

オムツのサイズアップのタイミング

オムツのサイズは月齢や体重を参考にしますが、あくまでも目安。

体型などによって、適切とは限りません。


後ろ(背中)から漏れるようになったり、太ももに跡がつくようになったら
サイズアップのタイミングです。


ちなみに、オーストラリアのオムツのサイズは以下の通りです。
(※目安の体重はメーカーによって多少異なります)

Newborn ~5Kg
Infant 4~8Kg
Crawler 6~11Kg
Toddler 9~14Kg
Walker 12~17Kg
Junior 15Kg~


同じサイズのものでも、メーカーによって大きいもの・小さいものがありますので
「現在のサイズが小さくなったけど、次のサイズは大きすぎる」という時は
違うメーカーのものを試してみるといいかもしれません。



🌟お問い合わせはコチラから。

2019/02/11

赤ちゃんの発熱について

赤ちゃんの体温は大人より高いため、
37℃台は平熱、38℃を超えると熱があるとみなされます。


赤ちゃんは急変しやすく、重篤な病気の可能性もあるため
生後3か月未満の赤ちゃんが発熱した場合はすぐに受診してください。


生後3か月以降の発熱は他の症状とあわせて緊急受診するか判断します。

判断しにくい場合・ご心配な場合は
24時間対応のHealthdirect Australia(1800 022 222)に相談できます。

また、こちらで症状チェック・指示を仰ぐこともできます。



熱性けいれんの対処法もご参照ください。




🌟お問い合わせはコチラから。