2018/02/10

抗生物質と耐性菌

近年、抗生物質の乱用による(薬剤)耐性菌が問題になっています。
耐性菌とは、薬が効かなくなった菌のことです。


抗生物質はウイルスには効きません。

例えば、風邪は ウイルスによるものがほとんどで
多くの場合、風邪に抗生物質は効果がありません。


このような理由から
オーストラリアの病院では薬(抗生物質)が処方されないことも多いです。



誤解しないでいただきたいのは、抗生物質がいけないということではなく
正しく使いましょう、ということです。


処方された抗生物質は、たとえ症状が治まっても飲みきるようにしましょう。

また、抗生物質を他の方とシェアしたり

同じような症状が出たからといって
残っていた抗生物質を服用することは止めましょう。
(そもそも、用法・用量を守って飲みきれば余りませんが…)



抗生物質の不要な服用は避け、正しく使用してください。