2018/12/09

入院中の食べものの差し入れについて

「病院食は美味しくない」という声を聞きます。

特に海外だと、口に合わなかったり、日本食が恋しくなることもあるでしょう。


そのため「差し入れに食べものを」とお考えになる方が結構いらっしゃいます。
患者さんご本人からリクエストされることもあるようです。


ですが、入院中の方へ食べものを差し入れるのは基本NGです。

病院食も治療の一環です。


病状によって制限があるものもありますし
治療や検査に影響が出るものもあります。

また、外からの持ち込みは食中毒など衛生上の問題があります。


「病状が良くならず、調べたら差し入れの食べものが原因だった」
なんて話も結構あるあるです。


たとえ、患者さんのリクエストでも
ご本人が正しく理解されていないケースなどもあり、注意が必要です。
(ダメだと知ってるけどスタッフに隠れてコッソリと…なんてことも!)



また、病気の時は匂いに敏感になるので
食べものの匂いで体調を悪くされてしまうこともありえます。

ご本人が良くても他の患者さんの迷惑になることもあります。

隣室やたまたま通りかかった患者さんなど
意外と広範囲に影響が出るかもしれません。


海外の場合
日本人には美味しそうな香りでも現地の人には不快な臭いかもしれません。

実際、病院ではないのですが
普通の醤油煎餅で異臭騒ぎになったケースを知っています。



どうしても食べものを差し入れたいという時は
担当医に確認してください。

ただし
「訊いた時は許可が出たけど後に状況が変わりNGに」なんてことや
海外の場合は、食文化などの違いから
「(OKを出したものの)思ってたのと違った」なんてことも考えられなくはないので
やはり、食べものの差し入れは避けたほうが無難だと思います。


海外の病院食は日本と比べると大雑把に見えるかもしれませんが
実際は、量(カロリー)も含めてきちんと管理されています。


入院中の食べものの差し入れは様々な問題がありますし
差し入れの選択肢は他にもありますので
(特別な事情が無い限り)あえて食べものを差し入れるメリットはありません。


美味しい食べものは退院した時の楽しみに取っておきましょう。



🌟お問い合わせはコチラから