2019/05/30

歯ぐずり(Teething)について

歯が生えはじめる頃に赤ちゃんが酷くぐずることがあります。

これは、歯が生えることで不快感や痛みを感じているからと言われています。


厳密にはTeethingは議論が分かれるところですが、海外では広く認知されています。


何をしても機嫌が直らない、眠りが浅い、など
歯が生える時期はお世話が大変かもしれません。


一般的には、固いものを噛むことで不快感が和らぐので、
歯固めのおもちゃ(冷やすとより効果的)やTeethingラスクを使ってみましょう。

弾力のあるもの・柔らかいものを好む赤ちゃんもいるので
おしゃぶりや月齢相応のぬいぐるみなどを与えてもいいかもしれません。


残念ながら、「これで絶対治る!」というものはないので
口に入れても安全なものを探して、いろいろ試してください。


 
ネットなどで出回っている対処法の中には、効果が疑わしいもの、危険なものもあるので
むやみに飛びつかないようにしましょう。

例えば、歯ぐきに塗る「薬」は過剰摂取の危険がありますし、
アンバーネックレスは窒息事故例がありますので、絶対に与えないでください。
(※アンバーが利くと言われていますが医学的根拠はありません)


見ていて辛いかもしれませんが、避けられないことなので
できるだけの対処はした上で、「諦め」も肝心です。

ずっと続くわけではないので、親子で上手に気分転換をして乗り切りましょう。


【ご注意】
※赤ちゃんが不機嫌な場合、他の健康上の原因も考えられますので、ご心配な場合は医師にご相談ください。
※ラスクはアレルギーにご注意ください。
※赤ちゃんの口に入る物は衛生状態や誤飲しないようご留意ください。
※歯固めは事前に破損などはないかご確認の上、目の届く範囲でご使用ください。


 🌟お問い合わせはコチラから。

🌟お得な情報満載のメルマガ登録はコチラから。